ケミカルピーリング

アンチエイジングが齎す美白効果

アンチエイジングな生活を送っていても、最近になって、お肌のすみやシミにソバカスが気になってきて、目立たなくしたいと思っていませんか。
時間をかけて、アンチエイジングで美白効果を上げてみませんか。
紫外線はアンチエイジングに良くないのですが、今迄に浴びてしまった紫外線の量で、くすみやシミにソバカスが広がってきます。
更に加齢と共に、お肌のターンオーバーが低下すると、弱くなっているお肌にしわやたるみ等の変化が重なってしまいます。
そうなる前に、お肌のターンオーバーを正常に働かせて、くすみやシミにソバカスの元になっているメラニン色素の定着を止める事がアンチエイジング生活に繋がります。

*アンチエイジングで美白効果のある美容成分には、
・ビタミンC誘導体…ビタミンCには、美白効果(メラニン色素の生成を抑制する働きと出来てしまったメラニン色素を目立たなくする働きが有ります。)と共にコラーゲンの生成を助ける働きが有りますが、壊れやすく、お肌への浸透力が弱い性質を持っています。
これらの欠点を分子レベルで改良したのが、ビタミンC誘導体です。
壊れにくく、お肌への浸透力も高くなりました。
体内で酵素と反応する事でビタミンCになります。

刺激が強い事と、お肌を乾燥させてしまう作用も持っています。
・ハイドロキノン…美白効果(チロキシナーゼ〔メラニン色素の合成を助ける酸化酵素〕の働きを抑制する事が出来ます。出来てしまったメラニン色素を目立たなくする働きが有ります。)は高いです。
刺激が強いことや、安定しない作用を持っています。

・アルブチン…αアルブチンとβアルブチンが有ります。
植物(こけももや洋ナシ等)に含まれる成分で、チロキシナーゼ〔メラニン色素の合成を助ける酸化酵素〕に直接働きかけて、メラニン色素の合成を防ぎます。
又、お肌に吸収されると、ハイドロキノンになります。
紫外線による肌のダメージを低下させてくれます。
お肌への刺激が少なく、安定して働きます。

・エラグ酸…植物(イチゴやラズベリー等)に含まれるフェノール系抗酸化物質です。
チロキシナーゼ〔メラニン色素の合成を助ける酸化酵素〕の働きを抑制する事が出来ます。
お肌への刺激が少ないです。

・トラネキサム酸…メラニン色素の合成を抑える働きが有ります。
又、肝斑や肌荒れを改善してくれる働きも有ります。

・リノール酸S…チロキシナーゼ〔メラニン色素の合成を助ける酸化酵素〕を分解してメラニン色素の発生を抑えます。
紅花油等から抽出されます。
・こうじ酸…チロキシナーゼ〔メラニン色素の合成を助ける酸化酵素〕の働きを抑制する事が出来ます。

味噌・醤油・酒に使われる麹菌から出来る物質です。
・プラセンタエキス…動物から抽出された成分で、チロキシナーゼ〔メラニン色素の合成を助ける酸化酵素〕の働きを抑制する事が出来ます。
又、新陳代謝を上げて血流を良くす等身体の働きを助ける成分です。
・ルシノールやカモミラETは化粧品会社で開発された成分です。
どちらも、美白に効果が有ります。

*アンチエイジングで美白効果を高めるには、
・自分のお肌の状態を知りましょう。
・これからのシミやソバカスの予防に重きを置くのか、出来てしまったシミやソバカスを目立たなくする事に重きを置くかで、美白化粧品の選び方を変えてくださいね。
・美白化粧品に記載されている、成分記載には必ず目を通して自分のお肌の状態にあった商品を選びましょう。

お肌の様子に変化が見られたら、早めにアンチエイジング成分の入った美白化粧品でお肌の回復をはかりましょう。
お肌に優しいアンチエイジングな方法ですね。

Copyright(C) 2013 美容に欠かせない重要な存在 All Rights Reserved.