ケミカルピーリング

アンチエイジングにあるL−カルニチン

アンチエイジング成分のL‐カルニチンは、食事スタイルが変化して来て、つい油断して摂りすぎてしまう成分に脂質がありますね。
脂肪は必要ですが摂りすぎると、体内に蓄積して身体に変調をきたしてしまいます。
溜まりすぎた脂肪を燃焼させて、アンチエイジングで元気な身体作りをサポートしてくれる物質にL‐カルニチンが有ります。

*アンチエイジング成分のL‐カルニチンの働きには
・身体の脂質代謝を助けるビタミン様物質で必須アミノ酸から肝臓で合成されるアミノ酸誘導体です。
・身体の脂肪燃焼を細胞の中で行うのは、ミトコンドリア(微生物)です。
L-カルニチンが、ミトコンドリア内部に運ぶことで脂肪燃焼に繋がります。
・食品では、ヒツジ肉や牛肉の赤み肉に多く含まれる成分です。

*アンチエイジング成分のL‐カルニチンの効果は
・紫外線によるお肌のトラブルの原因となっている、活性酸素による酸化の働きを抑制する事が出来ます。
・疲労回復や細胞を活性化する働きが有ります。
・脳細胞も活性化されて、記憶力の向上に効果が有ります。
・L‐カルニチンを運動前に摂り入れて、30分位の軽めの運動をする事は、代謝を上げて運動能力を高めてくれます。
・その他にも、心臓疾患や糖尿病、腎臓病疾患、生殖能力の向上等に、L‐カルニチン利用の研究が進められています。

*L‐カルニチンは、加齢と共に減少して行く傾向にあります。
身体にL‐カルニチンが少なくなると、ミトコンドリアに脂肪を運べなくなり、脂肪燃焼が小さくなります。
代謝も下がってしまいます。
こうなると、全身の疲労や倦怠感がおこり「L‐カルニチン欠乏症」になります。
エイジング(老化)の進行である認知症状の一因とも言われています。

・食事からL‐カルニチンを摂るには、量的に多くは摂れない様なのでサプリメントとの組み合わせを考えられるのが、効率的な摂り方の様です。
アンチエイジング生活http://www.autologous.org/osokunai.htmlを楽しむために、サプリメントの効率的な摂り入れ方をされて若々しく過ごしましょう。

Copyright(C) 2013 美容に欠かせない重要な存在 All Rights Reserved.