ケミカルピーリング

アンチエイジングにあるカルシウム

アンチエイジング成分のカルシウムは、身体の基本となる成分です。
健康生活には、カルシウム不足を起こさない事が大切です。

*アンチエイジング成分のカルシウムの働きは
カルシウムは、私たちの身体の骨や筋肉、歯に蓄積されています。
そして、血液中のカルシウムは一定に保たれますが、血液中にカルシウム不足が起こると、心臓の働きが悪くなり脳が指令を出さなくなって生命維持に関わる問題が起こります。
その為に、血液中のカルシウム量の低下が始まると副甲状腺ホルモンが活発に働き、身体の骨や筋肉、歯に蓄積されているカルシウムを取り出して血液中のカルシウム量を一定に保ちます。

*アンチエイジング成分のカルシウム不足は如何して起こるのでしょう
・カルシウム不足は、女性に起こりやすいとされています。
若い方は、生理や妊娠で一度に大量のカルシウムが減り不足します。
・閉経等で身体のホルモンバランスが崩れると、カルシウムの体外への流出を止めにくくなり不足します。
(女性ホルモンのエストロゲンは、カルシウムの流出を止める働きが有りますが、閉経等でエストロゲンの減少から働きが悪くなるとカルシウムの流出が止まりません。)
・加齢やエイジング(老化)によって、腸や腎臓の働きが悪くなると、食品からのカルシウム吸収率も下がり不足します。
・毎日の生活の中でも、汗や排せつ物としても、カルシウムは身体の外に出ていきます。
毎日に生活からもカルシウム不足は起こります。

*身体がカルシウム不足になると
・身体の中に摂り込むカルシウムの量が不足した状態が続くと、骨や筋肉、歯に留めていたカルシウムが減って、骨粗しょう症に向かってしまいます。
・他にも、生活習慣病と言われる高血圧や動脈硬化、糖尿病、アルツハイマー病、変形関節症等に罹りやすくなります。
(カルシュウム不足になると、副甲状腺ホルモンの働きが活発になり骨や筋肉、歯から取り出したカルシウムを血管や脳、軟骨や細胞等普段余り多くのカルシウムを必要としない場所に溜め込んでしまう事により起こります。)

*アンチエイジング成分のカルシウムを十分に摂りましょう。
・厚生労働省では、カルシウム必要量を700r〜/日として、骨粗しょう症予防には800r〜/日を奨励しています。
・食品から摂るカルシウムは、牛乳・スキムミルク(大さじ2杯で牛乳1本分の220rが摂れます。)
・チーズ・ヨーグルト・乳酸菌飲料・小魚・大豆・豆乳・ゴマ・チンゲン菜・海藻等から摂る事が出来ます。
・食品から摂ったカルシウムの身体への吸収率は、食品ごとに違う事と、加齢やエイジング(老化)によって吸収は下がって来ます。
・アンチエイジング生活の為には、サプリメントで補ってあげる事も考えましょう。

*アンチエイジング成分のカルシウムの吸収を良くするには
・ビタミンDを一緒に摂る事で、カルシウムの吸収や骨への沈着を助けてくれます。
・ビタミンCと一緒に摂ると、骨や筋肉の結合を促進するコラーゲンの生成を促進します。
・マグネシュウムと一緒に摂る事で、骨の中に入るカルシウム量を調節しています。

アンチエイジング成分のカルシウムは、身体を作っている基本となる成分です。
不足しないように、効率よく身体に摂り入れて健康生活http://www.life-tenkimi.jp/syokuzai.htmlを送りましょう。

Copyright(C) 2013 美容に欠かせない重要な存在 All Rights Reserved.