ケミカルピーリング

アンチエイジングにあるコエンザイムQ10

ユビキノンの略名が、アンチエイジング成分のコエンザイムQ10や、補酵素Q10と呼ばれています。
キノン化合物として、生物界に存在しています。
身体の中では、細胞内のミトコンドリア内に存在していて、体内でも合成されますが量は少ないそうです。
血液中のコエンザイムQ10の量は、加齢によっても変化せずに必要ですが、体内でも合成されるコエンザイムQ10の量は、加齢と共に減少してしまう事が、エイジング(老化)に関する色々な問題を起こすとも考えられています。

アンチエイジング成分のコエンザイムQ10の働きには
・コエンザイムQ10は、ミトコンドリアでエネルギー生産の電子伝達系に関係しています。
・コエンザイムQ10は、医薬品として虚血性心疾患や高血圧症、リュウマチ性心疾患等に伴ううっ血性心疾患の治療に使われてきました。
・コエンザイムQ10と共に、ビタミン類やカルニチン等は糖質の代謝や脂肪酸の分解・燃焼してエネルギーに変える事に力を発揮します。
・コエンザイムQ10は、血液中の抗酸化作用の働きが高く、同じく高いとされているビタミンCやビタミンEよりも、抗酸化作用の持続性が高いと言われています。
・コエンザイムQ10は、補酵素として細胞の酵素反応を進め代謝を上げて細胞を活性化する働きが有ります。

アンチエイジングな生活には、なくてはならない働きが嬉しいですね、
*アンチエイジング成分のコエンザイムQ10が不足すると
・細胞中のミトコンドリアの働きが低下する為に、代謝速度が下がり慢性疲労が抜けなくなって、活性酸素による酸化やむくみから生活習慣病を進めてしまう事の一因となります。

*アンチエイジング成分のコエンザイムQ10を、摂り入れるには
・食品で摂るには、青魚(サバやイワシ等)、牛肉や豚肉のレバー、野菜(ほうれん草やブロッコリー等)、大豆やピーナツ等に含まれます。
※コエンザイムQ10は、脂溶性なので油調理が吸収を上げてくれます。
食品に含まれるコエンザイムQ10の量は、わずかなのでサプリメントで補充されると効果的です。

*アンチエイジング成分のコエンザイムQ10を服用で注意するべきことは
・胃の不快感や食欲減退・吐き気・下痢等の病状が出ることが有ります。
・妊娠中や授乳中の方、乳幼児にはコエンザイムQ10の利用は控えられた方が良いようです。

アンチエイジング生活を過ごす為に、力強い働きの有るコエンザイムQ10です。
近年、癌の抑制効果研究が進んでいるようです。
まだまだ多様な働きを知ることが出来そうです。
サプリメントや化粧品の成分に入っています。
ご自身の目的に合わせた利用が出来ますね。

Copyright(C) 2013 美容に欠かせない重要な存在 All Rights Reserved.