ケミカルピーリング

アンチエイジングでメタボリックシンドローム対策

アンチエイジングな生活がメタボリックシンドロームと呼ばれている、内臓脂肪を溜めすぎる事によって起こる病気を予防してくれます。最近、・お腹周りが痩せなくなった・血圧は以前から医者に掛かっている・仕事が忙しく生活が不規則になる…等が続いていませんか?この様な生活は、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に陥りやすく注意が必要です。アンチエイジングな生活を早く始めましょう。
*アンチエイジング生活に変えないと起こる、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)は、どのような症状の事。
・内蔵脂肪型肥満に加えて、高血圧・高血糖・脂質異常の内の2つ以上を併せ持った状態の事を言います。
・内臓に脂肪が溜まりすぎると、糖尿病や高血圧・高脂血症等の生活習慣病を発症しやすくなってしまいます。
・内臓に脂肪が溜まっていると、血圧や血糖値が少し高めの予備軍でも動脈硬化が急速に進みます。

*アンチエイジング生活に変えないと、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)は如何して起こるのでしょう。
・食生活の変化で、野菜不足や高カロリー・高脂肪食品の過剰摂取が体内に内臓脂肪を溜め込みます。
・働き方の変化や交通網が整備されて、運動不足となり体内に溜め込まれた脂肪が内臓脂肪となる。
・働き方の変化や世の中の動きがスピードを上げ、過度のストレスを受けること等が言われています。

*メタボリックシンドローム診断の基準となるのは。
(病気である高血圧や糖尿病の診断基準とは違い低い値になっています。)
・内臓脂肪の蓄積となる基準は。
男女共に、腹部CT検査の内臓脂肪面積が100?以上の場合です。
腹囲(へそ周り)男性…85p以上  女性…90p以上

※内臓脂肪の蓄積判定はBMI(体格指数)ではなくて腹囲で判定されます。
・脂質異常となる基準は。
中性脂肪が150mg/dL以上
HDLコレステロールが40r/dL未満のいずれか、又は両方の場合です。
・高血圧の基準となるのは。
最高血圧…130oHg以上
最低血圧…85oHg以上 のいずれか又は両方
・高血糖の基準となるのは。
空腹時血糖値…110/dL以上
この様な状態をメタボリックシンドロームと言います。

*アンチエイジングでメタボリックシンドロームを予防するには。
脂肪には、内臓脂肪と皮下脂肪が有ります。内臓脂肪は、溜めると病気の引き金になりますが、皮下脂肪に比べて増えやすく、減らしやすい脂肪です。皮下脂肪は、皮膚の下にある脂肪でつまめます。巨大化するとセルライトになりますが、身体の体温維持やエネルギーを蓄える等の働きが有ります。
・軽めの運動を取り入れましょう。
有酸素運動で脂肪が燃焼され始めるのに20分位かかるそうなので、30分を目安にしてください。
歩く事を楽しみましょう。次の駅まで歩く、エレベーター・エスカレーターを階段で、ウインドショッピングで、
エクササイズの代わりに、家事や子どもと遊ぶ事で全身を動かすと代用できますね。

アンチエイジングな食生活にかえましょう
:1日3食を規則正しく食べましょう。…1食を抜く、一度に大量に食べる事は、インシュリンの働きが悪くなります。
:栄養バランスと摂取カロリーを考えて食べましょう。…油料理は控えめに、野菜料理はたっぷりと、夕食は軽めにしましょう。塩分は控えめに
:よく噛んで、ゆっくり食べましょう。…急激な血糖値の上昇を抑えて、脳に満腹感をもたせましょう。
:禁煙を考えましょう。…動脈硬化の進行を早め、心臓病や脳血管障害のリスクが高くなります。
・サプリメントの効果http://www.thelogo.us/sapurimennto.htmlも考えよう。…診断を受けている方は、医者に相談をしましょう。
早くに、アンチエイジング生活を始める事で、メタボリックシンドロームを予防して、元気に過ごすことができますよ。

Copyright(C) 2013 美容に欠かせない重要な存在 All Rights Reserved.