ケミカルピーリング

アンチエイジングにあるプエラリア

アンチエイジング成分のプエラリアは、正式名称をプエラリア・ミリフィカと呼ばれています。
タイからミャンマーの山岳地域に自生するマメ科の植物です。
プエラリアがアンチエイジング成分として注目されているのは、女性ホルモンに似た働きをする植物性のエストロゲンやイソフラボンhttp://www.nshcgj.jp/daizuiso.htmlが含まれており、プエラリアに含まれる量は大豆の40倍と言われています。

*アンチエイジング成分のプエラリアの働きには、
・エイジング(老化)は、紫外線による光老化や活性酸素による酸化・糖化によって起こります。
プエラリアに含まれる、エストロゲンやイソフラボンには強力な抗酸化作用が有ります。
大豆の40倍の力は、エイジング(老化)現象であるしわに、たるみやしみ、抜け毛や髪のボリューム減少を抑えて、強力にアンチエイジング生活を進めてくれます。

・女性ホルモンの分泌量は、加齢と共に少なくなって来ますが、閉経は、女性ホルモンを大量に使ってしまいます。
身体内の女性ホルモンは減少してしまい、ホルモンバランスの乱れから更年期障害へと進んでしまいます。
これら女性特有の身体の不調をアンチエイジング成分のプエラリアは、大豆の40倍のエストロゲンやイソフラボンの強力な成分で整えてくれます。
・力強いアンチエイジング力は、美肌効果だけにはとどまらず、バストアップやヒップアップなど女性らしい身体を取り戻してくれます。

*プエラリア服用の注意するべき事には
プエラリアには、大豆の40倍のエストロゲンやイソフラボンが入り女性ホルモンの強い働きが有ります。
このことは、ご自分の身体で十分な女性ホルモンが作られている状態で、プエラリアを服用すると過剰摂取になり、かえってホルモンバランスを崩してしまいます。

ホルモンバランスの崩れは、生理不順や生理がなかなか来ない状態や、頭痛や吐き気、抜け毛や頭皮がカサカサに荒れることや、ニキビや吹き出物が出る事も有りますので、
・10代の利用は、避けましょう。
生理中や、妊娠中・授乳中の方もリスクが高くなることが有りますので避けましょう。
・プエラリアの使用量や使用方法は守り、過剰摂取にならないようにしましょう。
・体調面に不安がある場合は、医師に相談しましょう。

*・サプリメントで補う事が出来ます。
(アンチエイジング成分として、効果が高く植物由来のせいぶんです。お試し等から入られる方法もありますね。)
化粧品の成分に配合されている商品を選ばれるのも良い方法です。
アンチエイジング成分のプエラリアは、女性にとって嬉しい効果が沢山あります。
身体がエイジングサインを出していると感じたら、上手に利用されて活き活き生活を楽しみましょう。

Copyright(C) 2013 美容に欠かせない重要な存在 All Rights Reserved.