ケミカルピーリング

アンチエイジングにあるのタウリン

アンチエイジング成分のタウリンは、身体や細胞の働きを正常に戻そうとする(ホメオスタシス)作用が有ります。
亜流アミノ酸で体内でも合成されますが、量は少ないので食、品から補う事が必要です。
タウリンが身体の中で、多く含まれるのは筋肉です。
ついで、心臓や脾臓、骨髄や肺、脳の一部や網膜、白血球中にも含まれています。

*肝臓に働きかける作用には
・胆汁酸の分泌を良くして、肝臓機能の働きをアップさせます。
・肝細胞の再生を進めます。
・肝細胞膜を安定化させています。

*アンチエイジング成分のタウリンの働きは強力な機能向上作用が有ります。
・毛細血管を通して運ばれる栄養や酸素が多くなり、身体の代謝を上げてくれます。
・体内で作られた、アンモニアや身体に入ってきた食品添加物や化学物質を無害な物質にして、対外に排泄する解毒作用が有ります。
・胆汁酸の生成で、脂肪の分解や脂溶性ビタミンの消化や吸収を助けます。
・胆汁酸の分泌を良くすることが、胆汁酸(コレステロールからつくられる。)が作られることで、血液中の脂質を消費してコレステロール値を安定させます。
・血管のコレステロール値が下がる事で、動脈硬化から発生する心筋梗塞や脳血栓を防ぐ事になります。
・身体や細胞を正常に保つ作用と神経伝達物質として交感神経を抑制する作用で、血圧の急激な上昇を防ぎ高血圧の改善に繋がります。

その他にも
・目の機能を改善する働き・むくみを予防や改善する働き・便秘を改善する働き等が有ります。
*アンチエイジング成分のタウリンが含まれる食品には
魚貝類(マグロの血合いやアサリ・ホタテ・牡蠣など)や軟体動物(やりイカ・たこ)に含まれます。
植物にはほとんど含まれていません。

※身体の中で生成されるタウリンの量は少なく、調理によって失われる量も多いです。
サプリメントやドリンク剤・健康食品で補う方法もありますね。
アンチエイジング成分のタウリン摂取の注意するべき事
飲酒量が多いと、タウリンの働きが低下してしまいます。

糖尿病に罹ると、タウリンの必要量が増えます。
アンチエイジング成分としてのタウリンは、身体にとって必要不可欠な成分です。
意識して摂取するようにして、アンチエイジングな生活を楽しみましょう。


Copyright(C) 2013 美容に欠かせない重要な存在 All Rights Reserved.